家族信託とは

家族信託とは
目次

1. 家族信託のしくみ

概要

認知症保険選びのポイント

  • 給付金を受け取れるタイミングはいつ?保障の削減期間
  • 認知症の疑いがある場合は申し込める?
  • 認知症以外への保障は必要?

2. 家族信託における役割

認知症の診断後すぐに給付金を受け取れない
すべての「認知症」で給付を受けられるわけではない
解約返戻金がない

3. 家族信託でできること

1. 家族信託のしくみ

概要

ファミトラは、家族信託というしくみを利用して、ご両親の資産の管理・運用・処分を信頼できるご家族に託すことにより、認知症などを原因とする資産の凍結を防止することを目的としたサービスです。 家族信託は、委託者の財産を受託者に託し、委託者やご家族の希望・ニーズに沿った柔軟な資産管理の実現を目的としたしくみです。 ファミトラは、次の二つのサービスから構成されています。

認知症保険選びのポイント

給付金を受け取れるタイミングはいつ?保障の削減期間

ファミトラは、家族信託というしくみを利用して、ご両親の資産の管理・運用・処分を信頼できるご家族に託すことにより、認知症などを原因とする資産の凍結を防止することを目的としたサービスです。
家族信託は、委託者の財産を受託者に託し、委託者やご家族の希望・ニーズに沿った柔軟な資産管理の実現を目的としたしくみです。
ファミトラは、次の二つのサービスから構成されています。

認知症の疑いがある場合は申し込める?

ファミトラは、家族信託というしくみを利用して、ご両親の資産の管理・運用・処分を信頼できるご家族に託すことにより、認知症などを原因とする資産の凍結を防止することを目的としたサービスです。 家族信託は、委託者の財産を受託者に託し、委託者やご家族の希望・ニーズに沿った柔軟な資産管理の実現を目的としたしくみです。 ファミトラは、次の二つのサービスから構成されています。

認知症以外への保障は必要?

ファミトラは、家族信託というしくみを利用して、ご両親の資産の管理・運用・処分を信頼できるご家族に託すことにより、認知症などを原因とする資産の凍結を防止することを目的としたサービスです。 家族信託は、委託者の財産を受託者に託し、委託者やご家族の希望・ニーズに沿った柔軟な資産管理の実現を目的としたしくみです。 ファミトラは、次の二つのサービスから構成されています。

2. 家族信託における役割

認知症の診断後すぐに給付金を受け取れない

さて、実際にあなたとそのご家族で家族信託を組成するとなったら、誰がどの役割を担うのか、それぞれがどのような責務を持ち、なにをするのかを知ることが重要です。以降では家族信託における登場人物について詳しく解説いたします。

受益者

受託者は信託契約の定めに従い、信託財産の管理・処分および信託契約で定められた信託目的の達成のために必要な行為を行う人です。受益者とともに信託のメインプレイヤーとなります。 受託者は信託財産の所有者となって、受益者のために信託財産の管理・処分を行います。認知症信託においては、受益者の介護等に必要な行為を行うため、これらの事務を行う能力があり、かつ、受益者にとって最も信頼できる方が就任する必要があります。したがって、認知症信託においては受益者の配偶者や子供が就任する場合が多いです。また、場合によっては受託者を複数おいて管理する信託財産を分けるなどの対応をとることも可能です。


受益者

受託者は信託契約の定めに従い、信託財産の管理・処分および信託契約で定められた信託目的の達成のために必要な行為を行う人です。受益者とともに信託のメインプレイヤーとなります。 受託者は信託財産の所有者となって、受益者のために信託財産の管理・処分を行います。認知症信託においては、受益者の介護等に必要な行為を行うため、これらの事務を行う能力があり、かつ、受益者にとって最も信頼できる方が就任する必要があります。したがって、認知症信託においては受益者の配偶者や子供が就任する場合が多いです。また、場合によっては受託者を複数おいて管理する信託財産を分けるなどの対応をとることも可能です。


受益者

受託者は信託契約の定めに従い、信託財産の管理・処分および信託契約で定められた信託目的の達成のために必要な行為を行う人です。受益者とともに信託のメインプレイヤーとなります。 受託者は信託財産の所有者となって、受益者のために信託財産の管理・処分を行います。認知症信託においては、受益者の介護等に必要な行為を行うため、これらの事務を行う能力があり、かつ、受益者にとって最も信頼できる方が就任する必要があります。したがって、認知症信託においては受益者の配偶者や子供が就任する場合が多いです。また、場合によっては受託者を複数おいて管理する信託財産を分けるなどの対応をとることも可能です。


受益者

受託者は信託契約の定めに従い、信託財産の管理・処分および信託契約で定められた信託目的の達成のために必要な行為を行う人です。受益者とともに信託のメインプレイヤーとなります。 受託者は信託財産の所有者となって、受益者のために信託財産の管理・処分を行います。認知症信託においては、受益者の介護等に必要な行為を行うため、これらの事務を行う能力があり、かつ、受益者にとって最も信頼できる方が就任する必要があります。したがって、認知症信託においては受益者の配偶者や子供が就任する場合が多いです。また、場合によっては受託者を複数おいて管理する信託財産を分けるなどの対応をとることも可能です。


家族の資産に安心を ファミトラ